噂の「シボレー カマロ 右ハンドル」を調べてみました

ニュース

噂の「シボレー カマロ 右ハンドル」を調べてみました

シボレーカマロ 試乗インプレション !

ちゃんと字幕でも解説してます。

新型シボレーカマロって最高評価じゃないの!?

あーもったいないけど・・・

4代目(1993年-2002年)

日本へは当初はV6・3.4リッターOHVエンジンを搭載したスポーツクーペと、コルベットにも通じるLT1と呼ばれるV8・5.7リッターOHVエンジンを搭載した上位のZ28が導入された。また98年からはLS1エンジンに変更された。コルベット(350PS)と共通のユニットではあるが1998年には309PSにデチューンされている。さらにSSと呼ばれるラムエア過給エンジンを搭載したバージョンも存在したが、日本に正規輸入されることはなかった。
中途での改良も多く、廉価グレードの追加や3.4Lエンジンの3.8L化、Tトップ仕様の追加など小刻みに改良が加えられた他、折りしもちょうど円高が進行し、円高還元による輸入車の値下げが相次いでいた時期に導入されたため、発売当初430万円だったZ28が一時期約330万円、その他のグレードも300万円を大きく割り込むまで販売価格が引き下げられたことは、Z28が持つ高いポテンシャルと比較され一部では大いに話題になった。なお日本へは導入期間を通じてオートマチックモデルのみの導入であり、マニュアルトランスミッションモデルは正規輸入モデルとしては導入されていない。

乗り心地が意外と良かったシボレー カマロ V6 !

440万円という手の届く価格も魅力。

GM、新型シボレー「カマロ」を日本導入へ!

右ハンドル欲しいよね!

5代目(2009年-2015年)
シボレー・カマロ(5代目)
RSクーペ 後期型

クーペ 前期型

コンバーチブル

販売期間
2009年 -
乗車定員
4人
ボディタイプ
2ドアクーペ
2ドアコンバーチブル
エンジン
GM LT型 3.6L V6 DOHC
GM LFX型 3.6L V6 DOHC
GM L3S型 6.2L V8 OHV
GM L99型 6.2L V8 OHV
GM LSA型 6.2L V8 OHV
駆動方式
FR
最高出力
432PS/5,900rpm
最大トルク
59.10kgfm/4,600rpm
変速機
6速AT/6速MT
全長
4,840mm
全幅
1,915mm
全高
1,380mm
ホイールベース
2,855mm
車両重量
1,710kg
-自動車のスペック表-

この節の加筆が望まれています。
2006年1月9日、第5世代カマロのプレビューともいえるカマロ・コンセプトがゼネラル・モーターズから公式に発表された。初代をリスペクトしたレトロモダンなデザインをはじめ、価格面でもフォードのマスタングとの競合を念頭においていることをGMは示唆した。2009年に販売開始予定であったが、GM車の部品を生産していたアメリカのカデンス・イノベーションが2008年8月に破綻し、新車の生産に必要な部品生産ができない状態であり、GMは2009年初頭カデンス・イノベーションと製造ラインについて裁判で争っていた[3]。最終的にGMは、2009年3月16日から5代目カマロの生産を開始し、2010年モデルとして4月より販売を開始した。
車台はGMゼータ・プラットフォームを採用。エンジンは3.6LV6および6.2LV8が搭載され、変速機は6ATと6MTが用意される。デザイナーは韓国出身のSangyup Lee(後にフォルクスワーゲンに移籍)[4]。
また、彼とともに日系のLuciano Nakamuraもデザインに大きく関わっている。[5]
日本では、GMアジア・パシフィック・ジャパンが2009年12月5日より発売を開始した。導入モデルは3.6リッターV6直噴エンジン搭載のLT RS、および6.2リッターV8エンジン搭載のSS RSで、ともにトランスミッションは6ATのみである。

シボレーのカマロ欲しいなぁ・・・

うんうんわかります!

6代目(2015年-)
シボレー・カマロ(6代目)
2016年モデル

販売期間
2015年 -
乗車定員
4人
ボディタイプ
2ドアクーペ
エンジン
2.0L 直4 DOHC 直噴ターボ
3.6L V6 DOHC
6.2L V8 OHV
駆動方式
FR
最高出力
455PS
最大トルク
62.9kgfm
変速機
8速AT/6速MT
全長
4,784mm
全幅
1,897mm
全高
1,348mm
ホイールベース
2,814mm
車両重量
1,755kg
-自動車のスペック表-

この節の加筆が望まれています。
2015年5月16日、6代目新型カマロがゼネラル・モーターズから公式に発表された。ボディデザインはキープコンセプトに徹し、先代(5代目)のイメージを色濃く残している。ただしその車体には各所にアルミニウムが使用され、GMによれば90kg以上の軽量化、28%の剛性アップが実現されているという。ボディサイズは先代型よりも56mm短く、18mm狭く、32mm低く、さらにホイールベースも41mm短縮されている。
エンジンには、新たに新開発の2.0リッター直列4気筒直噴ターボが追加採用された。最高出力は275hp、最大トルクは40.8kgmを発揮する。この4気筒はカマロ初のターボエンジンである。

12

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

旅ブロガーセミナー > 毎月無料で旅行しながら不労所得を手に入れる方法 http://aff.celebritytrip.club/lp/2080/578018/