話題の「フェアレディーz 新車」とは!?

ニュース

話題の「フェアレディーz 新車」とは!?

まるで新車 ピカピカの初代S30系 !

その頃では、斬新なモデルだったでしょうね!

Z32フェアレディZ デビュー 土屋圭市 ファーストインプレッション!!

土屋さん若い!!

4代目 Z32型系(1989年 - 2000年)[編集]
日産・フェアレディZ(4代目)
Z32型
Z32 フロント

Z32 リア

販売期間
1989年7月 - 2000年12月
デザイン
前澤義雄
山下敏男
園勲夫
等数名
乗車定員
2人/4人
ボディタイプ
3ドアファストバック(2座)
3ドアファストバック(2座Tバールーフ)
3ドアファストバック(4座Tバールーフ)
2ドアコンバーチブル
エンジン
3.0L V6 VG30DE型
3.0L V6 VG30DETT型
駆動方式
FR
最高出力
230PS/6,400rpm(NA)
280PS/6,400rpm(ツインターボ)
最大トルク
27.8kgm/4,800rpm(NA)
39.6kgm/3,600rpm(ツインターボ)
変速機
4速AT/5速MT
サスペンション
前後:4輪マルチリンク
全長
4,310 - 4,525mm
全幅
1,790 - 1,800mm
全高
1,245 - 1,255mm
ホイールベース
2,450 - 2,570mm
車両重量
1,430 - 1,570kg
ブレーキ
4輪ベンチレーデッドディスク
-自動車のスペック表-
1989年7月10日
スタイル、パフォーマンスを始めとして、完璧なスーパースポーツカーを目指した4代目が登場。キャッチコピーは『スポーツカーに乗ろうと思う』。バブル景気の絶頂期と崩壊、その後の日産の経営悪化のため10年以上という長期に渡り生産されたモデルである。
エクステリアデザインは当時日産自動車デザイン部に所属していた前澤義雄・園勲夫・山下敏男等数名の手によるものである。イメージは獲物を狙う動物であり、静止した状態でも躍動感のあるフォルムを追求した。そして当時のデザインのトレンドを考慮し、従来からの特徴であるロングノーズ・ショートデッキを改め、新たにワイド&ローというスポーツカーの基本的イメージを決定し、日本本来の良さを持ったアイデンティティーや、いつまでも沈まないカリフォルニアの太陽に映えるボディデザインを検討したという[2]。また、前澤によれば、マイナーチェンジの際に前後オーバーフェンダーにし、ホイールを17インチ化する計画があったものの実現しなかったと語っている[3]。

4代目フェアレディーZ!

新車フェアレディーZに乗りた~い!

そーだろーそーだろーうんうん解るよ!!

 日産 フェアレディーZ 40周年記念車。 Zも40周年なんやなあ。

そーなんです!私も誕生・・・です。

超激レア 希少価値 フェアレディーZ 432 の優勝でした 新車みたいにピカピカ !

トヨタ2000GTとディーノレーシングスペシャルを足して2で割ったような感じがするのは、私だけでしょうか?

5代目 Z33型系(2002年 - 2008年)[編集]


5代目フェアレディZ
詳細は「日産・フェアレディZ Z33」を参照
2002年7月30日、Z33型発売。2年ぶりの復活となった。ボディタイプは2シータークーペのみで、歴代フェアレディZに設定されていた2by2は非設定となった。搭載するエンジンの排気量は3.5Lで、最高出力は当初280psだったが、年次改良を重ねて最終的に313psまで向上された。モデルライフ途中にはオープンモデルのロードスターが発売された。2008年11月に販売終了し、次期型にモデルチェンジ。
6代目 Z34型系(2008年 - )[編集]


6代目フェアレディZ
詳細は「日産・フェアレディZ Z34」を参照
2008年12月1日に復活後初めてのフルモデルチェンジを行い、6代目 Z34型となった。
先代モデルをさらに進化させたモデルで、変速機、ボディなどを煮詰めた。 エンジンは、スカイラインなどでも採用された3.7LのVVELエンジンを搭載し、336PSを発生させる。モデルライフ途中でロードスターが遅れてフルモデルチェンジした。

12

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ