知らなかった?「ランボルギーニ ミウラ 」をチェックしてみた!

ニュース

知らなかった?「ランボルギーニ ミウラ 」をチェックしてみた!

ランボルギーニミウラ!

ミウラ(Miura )は、イタリアのランボルギーニが開発・製造した2シーターミッドシップスポーツカーである。伝説の闘牛牧場ミウラの名にちなんで命名された。ミウラのドアを全開にし、前から見た姿は正に大きく立った角をもつ闘牛のようである。

懐かしい!ランボルギーニミウラです。子供の頃大好きで、よくプルモデル作ってました。

エンジンはリアミッドシップエンジンで、前側のボンネットのなかには、アレが入っていました。ちなみにドライバーシートからはアレがみえます。

ミウラのヘッドライトって、「起き上がる」って知ってましたか?ボンネットも90度近く起き上がります。

1970年代とは思えないくらい、元気いっぱいのエンジンサウンドがじつに気持ちが良いです。

ランボルギーニミウラルーツの牧場で、現代車とミウラが・・・サイコーにカッコイイです。

今のランボルギーニと昔のミウラ?個人的にはやっぱりサイズ感は昔の方がよいです!

ランボルギーニミウラ!

トラクターの製造販売やエアコンなどの事業で大成功を収めたフェルッチオ・ランボルギーニがフェラーリに対抗すべく1963年に興したランボルギーニによって1966年3月ジュネーヴ・モーターショーにて発表され、1966年から1973年までに約750台が生産された。
巨大なV型12気筒DOHCエンジンを横置きしている
ベルトーネによる流れるようなスタイルの2シータークーペでV型12気筒DOHCエンジンをミッドシップに横置きし、発表時のプレス向け主要諸元によれば350馬力のノルマーレ仕様でもわずか980kgの車体を最高速度300km/hまで引っ張るとされた(実測データはミウラSで278km/hというデータが残っている)。
当時、12気筒の大排気量をミッドシップに積んだクルマは前例がなかった。のちに各メーカーとも類似のスーパーGTを登場させた。

ランボルギーニミウラ中古です。

結構程度が良いです。

もしかして:ミウラ…?以前、ちらっとミウラが300万くらいで出てるの見掛けて、そんなもんかー!

でも確か新車は当時でもうん千万じゃなかったかな???

MRJAPAN 1/43 初期赤箱 ランボルギーニ ミウラ イオタ 日本仕様 ピンク 限定499台【ミニカー】 【中古】 

綺麗だよねーー!!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

旅ブロガーセミナー > 毎月無料で旅行しながら不労所得を手に入れる方法 http://aff.celebritytrip.club/lp/2080/578018/